外反母趾.INFO

外反母趾.INFO トップ > 外反母趾セルフチェック

外反母趾セルフチェック

外反母趾かどうかは親指の曲がった角度、すなわち外反母趾角で決まります。
外反母趾角は、第一中足骨と母趾基節骨がつくる角度です。

外反母趾角は5~8度が正常で、15度以上は外反母趾です。20度までは軽症、20~40度までは中等度、40度以上を重症の外反母趾としています。

自分でチェックするときは、足の内側のラインで親指の付け根が曲がる角度を測ります。
紙の上に立って体重をかけ、親指の出っぱりの前と後ろに定規を当て、2本の線を引き、その角度を分度器で測ります。
その角度が15度以上ならば、外反母趾の可能性がかなり高くなります。
整形外科を受診しましょう。

外反母趾のチェックポイント

  1. 足の親指が外側に曲がっている。
  2. 足の親指の付け根の内側が痛い。飛び出ている。腫れている。赤くなっている。
  3. 足の親指が1番目の指に重なっている。