外反母趾.INFO

外反母趾.INFO トップ > 外反母趾の予防

外反母趾の予防

外反母趾を防ぐために、靴を選ぶ時のチェックポイントは、以下の通りです。

  • 【足の全長】
  • 足の全長を測る時は、親指と限らずに最も長い指で行い、手の小指の幅のゆとりをもたせましょう。

  • 【足の幅】
  • 親指と小指の付け根の周径、幅、傾きを合わせます。
    足の全長が同じでも、付け根の位置は異なるので踵とつま先からの長さも合わせましょう。

  • 【踵のフィット】
  • 踵と靴の側面から後方の適合性で、すっぽ抜けたり、きつくないもので、後縁がアキレス腱に食い込まない小指1本分の隙間が必要です。

  • 【足の甲のフィット】
  • 靴の開口部前方の適合性で、踏み返しのときにしわが食い込まない、曲げたときの硬さが硬すぎないものです。

  • 【つま先のフィット】
  • 足の指の入る部分に指が広げられる幅、曲げられる高さが必要です。親指ばかりでなく、小指にも余裕が必要となります。

外反母趾を予防するための靴まとめ

外反母趾を予防するための靴は、以下の通りです。

  • 足の指が自由に動くこと。
  • 靴の先端が親指の方によっている。
  • 靴が三角形でないこと。
  • 親指と小指の付け根の周りが大きめのもの。
  • 低めのヒール(3㎝程度のもの、5cmは超えない)のもの。
  • 甲革が軟らかく、親指の付け根に縫い目がないもの。