外反母趾.INFO

外反母趾.INFO トップ > 靴による外反母趾の人の偏平足、開張足治療

靴による外反母趾の人の偏平足、開張足治療

外反母趾の人は、足の縦・横のアーチが崩れ、扁平足、開張足になります。
またその逆の外反母趾が扁平足、開張足の原因となり、扁平足、開張足が更に外反母趾を悪化させるということです。
そのため外反母趾の人に扁平足、開張足の症状が起これば、治療が必要です。

扁平足、開張足の治療に効果があるとされる足底板、足底挿板と呼ばれる足の下に敷く装具があります。
全体として、内側、外側に傾斜をつけて下肢の荷重軸を変えたり、部分的に盛り上げて足を押し上げたり、逆に一部を凹ませて圧迫を減らしたりします。

気をつけなくてはならないのは、靴の大きさと深さです。
通常履いている靴に足底板を靴に入れると靴は小さくなり、きつくて痛む原因になります。
足底板を入れてピッタリと自分の足にフィットする靴を探さなくてはなりません。

足底板は、簡単な構造なので安易な治療法に思えます。
しかし、体重の反力を利用した治療器具ですから体重と同じ強い力で矯正するので、調節は微妙で細心の注意を必要とします。