外反母趾.INFO

外反母趾.INFO トップ > 外反母趾の原因

外反母趾の原因

1.合わない靴(特にハイヒール)

ハイヒールを履くと、足底にかかる体重は前足部(指)に集中します。その結果、足は横に広がります。
しかしハイヒールは先細になっているため母趾の付け根はくの字に曲げられ外反変形を生じるのです。

※あくまでもハイヒールは二次的要素として、外反母趾に影響を与えるものであり、直接の原因ではない事を理解して下さい。

2.足の筋肉低下

現代では一日を靴で過ごす時間が長く、裸足で過ごす時間が減少してきました。
また、乗り物を利用する事が多く自分の足で歩く事も減少しています。
最近では赤ちゃんの時から靴を履くようになり、足の筋肉及び骨格形成に悪影響を与えています。
現代社会では足の筋肉は低下傾向にあり、アーチの無い扁平足や横幅の広い足が増えています。
これが外反母趾の原因の一つなっていると考えられます。

※上記で言う筋肉とは、太ももやふくらはぎの筋肉ではなく、足の指を動かす筋肉で指をグーやパー(握ったり・開いたり)をする筋肉の事です。
足の指を握ったり、開いたり出来るか自分で確かめてみましょう。

3.扁平足(横アーチ、縦アーチの崩れ)

足の裏には非常に重要な3つのアーチがあります。

  • 親指の付け根から踵を結ぶ内側の縦アーチ
  • 小指の付け根から踵を結ぶ外側の縦アーチ
  • 親指の付け根から小指の付け根を結ぶ横アーチ

この3つのアーチが立つ・歩く・走る等、体重を支えると同時に怪我を防止するスプリングの役目をしています。
健康な人の足はこの3つのアーチがきれいに形作られそれぞれの役割を果たしていますが、、外反母趾の人の足はこの3つのアーチが崩れて横広の足になっています。
アーチの減少も足の指を握ったり、開いたり出来なくなる要因のひとつです。

4.外反扁平

扁平足にはもう一つ外反扁平足があります。
この扁平足は縦アーチの崩れによって起こり、立っている状態で足を真後ろから見たときに踵が外側に(くの字)に傾く状態を言います。
この外反扁平足も外反母趾の大きな原因です。

5.浮き指

立っているときや歩いている時に地面に足の指が接地せずに、足の指を浮かせ地面をしっかり掴めてない状態、この様な足は扁平足から外反母趾になりやすい足です。
足の指が浮き上がってないか確認しましょう。

6.開張足

足の甲の幅が広がった状態(横アーチの崩れ)を開張足と言います。
開張足は横アーチの崩れで指に力が入りにくい為に、靴の圧迫などで親指や小指が萎縮してしまいます。
この状態を曲がりと言い、外反母趾や内反小趾と呼んでいます。
つまり横アーチを崩すことで指を握る筋肉が低下し開張足になり、それが進行した結果が外反母趾の原因です。

7.タコや魚の目

外反母趾が進行すると、足の人差し指の付け根や小指の付け根などにタコや魚の目を形成し歩くだけで痛みを生じる事があります。
これらは、外反母趾が原因で親指で蹴り返す事ができなくなり、代わりに他の指が蹴り返す役目をする為負担がかかりできるものです。
ひどくなると皮下滑液包炎(腫れ・発赤・疼痛)伴う事があります。